嫡出子とは?/嫡出でない子の親権者は?

嫡出子とは?

嫡出子というのは、実子※のうち、
法律上の婚姻関係にある夫婦の間に生まれた子のことをいいます。

 

※親との間に生理的血縁関係があると
法律上認められる子のことです。

婚姻中に懐胎した子は?

妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定されます。

 

また、婚姻成立の日から200日後、または婚姻の解消、
もしくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、
婚姻中に懐胎したものと推定されます。

嫡出の否認権とは?

夫が嫡出を否認する場合は、
子の出生を知った時から1年以内に提起することを要しますが、

 

子の出生後に嫡出であることを承認した場合には、
否認権は失われます。

 

スポンサーリンク

非嫡出子とは?

非嫡出子(嫡出でない子)というのは、
法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことをいいます。

非嫡出子の認知とは?

非嫡出子(嫡出でない子)は、
父または母が認知することができます。

 

認知されると、出生の時に遡ってその効力を生じます。

 

ちなみに、判例では、
非嫡出子と母の関係は分娩によって当然に発生し、
母の認知は要しないとされています。

嫡出でない子の親権者は?

嫡出でない子は、母が親権者になります。

 

ただし、父が認知をしたときには、
協議または審判によって父を親権者とすることもできます。

嫡出でない子の嫡出子の身分の取得は?

次の場合に、嫡出でない子は嫡出子たる身分を取得します。

 

■父の認知後に父母が婚姻した場合
■父母の婚姻後に認知された場合

 

スポンサーリンク