築年数とは?/建物登記簿謄本の年月日とは?

築年数と購入意思

築年数というのは、建築経過年数の略称です。

 

一般に築年数によって、
建物の外観や傷み具合などが異なりますので、
物件価格にも影響を与えます。

 

なので、築年数は、購入者にとって、
購入意思に影響する事項とされています。

築年数の表示義務は?

不動産の表示に関する公正競争規約施行規則では、
次の公告に当たっては、建築年月を表示することが義務づけられています。

 

■新築分譲住宅
■売家
■新築分譲共同住宅
■売共同住宅
■未使用賃貸共同住宅
■賃貸共同住宅・貸家・貸室
■共有制リゾートクラブ会員権

築年数の調査は?

築年数は、建築経過年数の略称です。

 

物件の築年数を調査する場合には、
どの資料に基づいて行うかが重要になります。

 

通常は、建物登記簿謄本の表題部に記載された
「登記原因及びその日付」
の年月日をその根拠にすることにしています。

建物登記簿謄本の年月日とは?

建物登記簿謄本の表題部に記載された
「登記原因及びその日付」
の年月日というのは、

 

原則として、建築工事請負人が発行した
工事完了引渡証明書に基づいて記載されることになっています。

 

スポンサーリンク