自力救済とは?/浸透式とは?

自力救済とは?

自力救済というのは、司法手続きによらずに、
自力でその権利を実現することをいいます。

 

ただし、自力による権利の行使が広く認められてしまうと、
社会秩序が混乱するおそれがありますので、

 

国家権力が確立された現在では、
私権の実現は、司法手続きによって行うのが原則となります。

 

よって、自力救済は、場合によっては不法行為となります。

自力救済が許されるのは?

法律に定める手続きによったのでは、
権利に対する違法な侵害に対抗して
現状を維持することが不可能であったり、

 

または、著しく困難であり、
緊急やむを得ない特別の事情のあるときには、
例外的に自力救済が許されることがあります。

浸透式とは?

浸透式というのは、
排水を地下に吸い込ませる排水方法のことをいいます。

 

通常は、排水の吸い込みを効果的に行うために、
浅井戸状の穴に小石を詰めた浸透枡を設けて、
枡に排水を集中する方式がとられています。

 

なお、浸透式は、
雨水の排水処理に使用されることが多いのですが、

 

汚水等についても、
所定の浄化槽処理を経て浸透式で排水されることもあります。

浸透式が使用される地域は?

下水処理区域内では、
建物の排水管の末端を公共下水道、
都市下水路その他の排水施設に排水上有効に
連結する必要がありますので、

 

下水道や側溝が未整備の地域において
浸透式は使用されます。

 

スポンサーリンク