リフォームローンの有担保・無担保

リフォームローンの有担保・無担保のメリットとデメリットは?@

金融機関では
「リフォームローン」「住まいのリフレッシュローン」
などの名称で、
リフォーム専用のローンを取り扱っていますが、

 

これは有担保ローンと無担保ローンに分かれます。

リフォームローンの有担保・無担保のメリットとデメリットは?A

通常、無担保ローンは、
有担保ローンよりも返済期間が最長10〜15年と短く、
金利も高く設定されています。

 

一方、有担保のリフォーム融資は、
通常の住宅ローンの融資条件に組み込まれている場合が多いので、

 

無担保のものよりも低利で融資額が大きく、
長期返済が可能です。

 

しかしながら、有担保ローンは、融資手続が複雑で、
抵当権や保証料などの諸費用がかかります。

 

よって、金利差や返済期間によっては
無担保ローンの方が総返済額が少なくなる場合もあります。

 

なお、リフォーム融資の利用の際に担保設定が伴う場合には、
リフォームをする住宅の既存借入金があれば、

 

その金融機関の窓口で利用する方が、
相談・審査・担保設定などの申込手続を
スムーズに行えるというメリットがあります。

 

なので、できるだけ便利で活用しやすいリフォーム融資を
検討するようにしたいものです。

公的なリフォームローンはありますか?

住宅金融支援機構の住宅融資に
「バリアフリーリフォーム融資」というのがあります。

 

また、財形住宅融資はリフォームの工事のも利用可能ですが、
どちらも有担保で低金利で利用できます。

 

ちなみに、フラット35ではリフォーム融資はありません。

 

スポンサーリンク