二世帯住宅応援ローンとは?

二世帯住宅応援ローンとはどのようなローンですか?

二世帯住宅応援ローンというのは、
親が所有する一戸建住宅を子が二世帯同居住宅に建替えたり、
二世帯同居の一戸建住宅住を子供が購入する場合に、

 

金利の優遇があって、
借主となる子が借りやすくなるような仕組みになっている
民間住宅ローンのことです。

二世帯住宅応援ローンと旧公庫やフラット35との違いは?

旧公庫融資の「二世帯住宅」では、
住宅の建設や購入においてきめ細かい条件があり、

 

そのすべてを満たさなければローンが組めない仕組みで、
かつ、割増融資にすぎず、所要資金の80%が条件になっていました。

 

また、フラット35は
「申込本人以外に定期的な収入がある人がいて連帯債務者になる」
としているものの、

 

所要資金の90%で、
かつ上限の融資額は8,000万円となっていますので利用しやすくはなっています。

 

しかしながら、
二世帯住宅応援ローンである民間住宅ローンを見ると、

 

例えば中央三井信託銀行の「親想い」では、
親の土地を無償で借りて二世帯同居住宅を建てられ、
融資率が100%で頭金が不要、
かつ、住宅資金を長期間安い金利で借りられますので、
返済負担がより軽減できるというメリットがあります。

中央三井信託銀行の「親想い」とは?

中央三井信託銀行の「親想い」は、
親と一緒に住む一戸建て住宅(のべ床面積80u以上)を
建設あるいは新築住宅を購入する場合に限られ、

 

融資額は建築価格または購入価格に対して100%とし、
年間返済額の年収比率を低め、借入金の利率を引き下げて借りやすく※、
かつ、自己資金がなくても可能なようになっています。

 

※当社で扱う他の住宅ローン商品の金利と比較して0.3%低いです。

 

スポンサーリンク