「親子二世代型」の融資条件は?

「親子二世代型」住宅ローンの融資条件はどのようなものですか?@

「親子二世代型」住宅ローンの融資条件は、次のようなものです。

 

■融資額
50万円以1億円以内(1万円単位)で次の範囲とします。

 

・税込年収に占める年間元利金返済額の割合が35%以内※

 

※年間返済額には他の借入れの返済分も含まれます。また、年間返済額は
当社所定のルールによります。

 

・当社所定の保証会社が算出する担保価値の範囲内

「親子二世代型」住宅ローンの融資条件はどのようなものですか?A

■資金の使途
・住宅用土地購入※の購入資金

 

※建物建築計画のある場合です。

 

・中古住宅(マンションを含む)の購入資金

 

・住宅の増改築・修繕資金

 

・マンションの購入資金

 

・住宅の新築購入資金

 

■融資資格
・親子が共有、またはいずれか一方の人が所有し、親子または親子の家族が同居する

 

・団体信用生命保険に加入できる人(保険料負担は無し)

 

・給与所得者は勤続年数1年以上、給与所得者以外の人は営業年数3年以上の人

 

・前年の税込年収が100万円以上の人

 

・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終返済時の年齢が満80歳未満の人。
ただし、親は80歳以上でも可能です。

 

・現在同居しているか、将来同居予定の親と子

 

■融資利率
・借入当初に「変動金利型」または「固定金利期間選択型」の金利タイプの
どちらかを選べます。

 

・「変動金利型」の場合、ローン基準金利を基準に定めた当社所定の利率によります。

 

・「固定金利期間選択型」の場合、当社所定の固定金利を固定金利特約期間※の間適用します。

 

※2年、3年、5年、7年、10年

 

■返済期間
・1年以上35年以内(1年単位)。ただし、借入当初に「固定金利期間選択型」
を選んだ場合には、その期間以上35年以内(1年単位)となります。

 

・借入当初の1年間は返済を据え置くことができます。

 

■担保
・当社所定の保証会社に対して、融資対象物件(土地と建物)への抵当権を設定登記することが条件です。

 

・マンションを除く借地上または保留地上の建物ならびに保証会社が必要とする場合に、
建物の火災保険に質権を設定することが条件です。

 

■団体信用生命保険
・親子がそれぞれ融資額の1/2ずつ加入します。

 

・親が満80歳になった時点で、子に借入残高全額の加入に変更します。

 

スポンサーリンク