上限金利設定型とは?

上限金利設定型とはどのような金利タイプなのですか?@

上限金利設定型というのは、
金利変動タイプで適用利率の見直しが年2回あるものの、
上限金利があらかじめ決められているタイプです。

 

なので、万一、年2回の金利見直しの際に
急激な金利の上昇があったとしても、

 

上限金利以上は上がりませんので、
この点においては変動金利型よりは安心できます。

上限金利設定型とはどのような金利タイプなのですか?A

ちなみに、上限金利設定型では、
当初の金利が通常の変動金利型の金利を
上回っての融資になっています。

具体的な上限金利設定型の金利は?

各金融機関では、
通常5年間と10年間との2種類を用意しています。

 

例えば、平成19年4月現在のみずほ銀行ですと、
上限金利設定型の5年もので当初2.65%、
上限3.85%、10年もので当初2.9%、上限4.9%となっています。

 

スポンサーリンク

上限金利設定型はどのような際に有利になりますか?

上限金利設定型は、
金利の上昇が予想される場合に有利になります。

 

なお、上限金利設定型を採用している金融機関は少ないので、
こまめに探してみることをおすすめします。

固定金利期間選択型の注意点はどのようなところですか?

民間住宅ローンの固定金利期間選択型を選択する場合には、
金融機関によっては、
特約期間終了後のタイプ選択に制限がある場合がありますので、

 

特約期間終了後はどうなるのかといったことも
よく把握しておくことが重要になります。

 

とはいえ、変動金利優先型よりも、
金利動向を見て判断できる
固定金利自由選択型や自由選択型の方が利便性が高いといえます。

 

なので、まずはこれらの利用を検討してみたいところです。

 

スポンサーリンク