固定金利期間選択型の注意点は?

固定金利期間選択型の仕組みはどのようになっているのですか?@

固定金利期間選択型の仕組みは、
次のようになっています。

 

■固定金利特約期間を選択し、その期間中は所定の固定金利
による融資が受けられる。

固定金利期間選択型の仕組みはどのようになっているのですか?A

■特約期間終了後の再選択については、各金融機関が独自に決めていますが、
タイプとしては次のものがあります。

 

★変動金利優先型
固定金利期間選択型から変動金利型に移行した場合には、
固定金利期間選択型には再度切り換えができません。

 

また、固定金利期間選択型の特定期間終了後は、
再度「固定金利期間選択型を選ぶ」ことの申出がないと
自動的に変動金利型になり、

 

この場合には、完済時まで
固定金利期間選択型に移行できません。

 

★固定金利自由選択型
当初、変動金利型を選択していなければ、
特約期間終了後は、
固定金利期間選択型にするか変動金利型にするかは
申出によって自由に選択できます。

 

★自由選択型
特約期間終了後は、
固定金利期間選択型と変動金利型のどちらでも自由に選択できます。

 

ちなみに、この場合は切り換えの時に申し出ます。

 

■特約期間終了後は、選択したタイプによって特約期間終了時点の「新規特約金利」が
適用され、毎月返済額もその時点で変更されます。ちなみに、特約再設定の場合には、
手数料5,250円(税込)がかかります。

 

スポンサーリンク

繰上返済についてはどうなっているのですか?

繰上返済については、
原則として、特約期間中の融資金額の
全額及び一部の繰上返済はできないことになっていますが、
やむを得ない理由がある場合には繰上返済ができます。

 

ただし、その場合には所定の手数料などがかかります。

固定金利期間選択型の注意点はどのようなところですか?

民間住宅ローンの固定金利期間選択型を選択する場合には、
上述したように金融機関によっては
特約期間終了後のタイプ選択に制限がある場合がありますので、

 

特約期間終了後はどうなるのかといったことも
よく把握しておくことが大切です。

 

とはいえ、変動金利優先型よりも、
金利動向を見て判断できる
固定金利自由選択型や自由選択型の方が利便性が高いですから、
まずはこれらの利用を検討してみるのがよいかもしれません。

 

スポンサーリンク