変動金利型の仕組みは?

変動金利型とはどのようなものですか?@

変動金利型というのは、
年2回(3/1、9/1の基準日)金利の見直しがあり、
利息と元金部分を調節するのですが、

 

5年間は毎月返済額は変わらずに、
6年目にそのときの借入残高に対して、そのときの金利を適用して
次の5年間の毎月返済額を算出※することになっているものです。

変動金利型とはどのようなものですか?A

よって、金利の上昇局面では、
利息部分が多くなり元金部分の返済が減少しますので
借入残高が多く残ってしまいますが、

 

金利の下降局面では反対に、借入残高が少なくなります。

 

このように、変動金利型の場合は、
固定金利期間選択型5年と比較すると
5年後の借入残高が確定されないという特徴があります。

 

※旧返済額の1.25倍を上限とします。

変動金利型と固定金利期間選択型5年とではどちらが有利ですか?

平成19年4月現在ですと、
変動金利型は2.625%、固定金利期間選択型5年は3.65%で、
どちらも当初5年間は毎月返済額は同じですので、
低利な変動金利型の方が有利ということになります。

 

とはいえ、変動金利型は
当初5年間は毎月返済額が一定ですが、
金利は年2回見直され、利息と元金部分が調節されているので
5年後の借入残高が確定できないという不安もあります。

 

なので、その点をよく理解してから選択するようにしたいところです。

 

スポンサーリンク

変動金利型の注意点は何かありますか?

変動金利型の6年目以降は、金利の大幅な上昇があった場合でも
旧返済額の1.25倍以上には上がりませんが、

 

この場合、切捨てではなくて
最終回に一括返済する仕組みになっていますので
注意が必要です。

変動金利型の金利見直し条件にはどのようなものがありますか?

変動金利型の金利見直し条件は次のようなものです。

 

■年2回(3/1、9/1)の短期プライムレート連動長期貸出金利の当行最優遇金利
(期間3年超)の水準を基準にして、各4/1、10/1から適用金利を決定します。

 

■ただし、基準日の3/1、9/1以降、次回基準日までに短期プライムレート連動長期貸出金利
(期間3年超)が0.5%以上乖離した場合は、1か月後の応答日から適用金利を見直します。

 

■利率に変動があった場合でも、10/1を5回経過するまでは毎月返済額の中で元金分と利息分
との割合で調整します※。そして、10/1を5回経過するごとに再計算して毎月の新返済額を決定します。

 

※毎月返済額は5年間変わりませんが、5年後の借入残額が確定しませんので、
金利上昇期は利息分の支払いがかさみ借入残高は減りません。

 

反対に、金利下降期は利息が減った分を元金返済に回せるので
借入残額も減少します。

 

■万が一利率が大幅に上昇した場合でも、新返済額は前回返済額の1.25倍を上限とし、
それを超えることはありません。しかしながら、切捨てではなく最終回に一括返済することになります。

 

スポンサーリンク