申込時の必要書類は?

公的融資の申込時の必要書類にはどのようなものがありますか?@

住宅金融支援機構では、
申込時に提出する書類が決められていて、
申込内容がわかる人が持参することになっています。

 

これについては、
民間住宅ローンでもほぼ同じような書類の提出が求められます。

公的融資の申込時の必要書類にはどのようなものがありますか?A

提出書類は、提出時にすべてが揃っていなければ受付できないので、
漏れがないように準備しておく必要があります。

 

ちなみに、住宅金融支援機構の提出書類の中の
「個人情報取扱いに関する登録同意書」
ですが、

 

これは、その人が過去に金融機関の取引等で
事故があったか否かを確認するための書類になります。

 

この「個人情報取扱いに関する登録同意書」の提出は、
住宅資金を融資する際の審査材料になり、

 

融資実行後に記載記録が
同センターに登録されることについての同意書になっています。

必要書類の主な記載内容は?

必要書類の主な記載内容は次のようなものです。

 

■破産宣告などの有無

 

■延滞などの返済事故の有無

 

■過去の借入金や借入内容

 

■氏名・住所・生年月日・勤務先・電話番号などの本人の届出

 

これらの内容は、
全国銀行個人情報センターと個人情報機関に登録されます。

 

ちなみに、この全国銀行個人情報センターというのは、
住宅ローンを含めた消費者金融の
健全かつ円滑な推進を図るために設立されたものです。

必要書類の主な記載内容は次のようなものです。

現在の申込みを辞退した場合でも
再度申込みをすることはできますが、

 

審査は最初からやり直しになりますし、
年が変わったときは、収入金額の増減によって
前回申込んだときとは、
融資条件が大幅に変わっている場合もありますので
注意が必要です。

 

スポンサーリンク