得なのは「毎月払い」「ボーナス払い」?

「毎月払い」「ボーナス払い」とは?@

住宅ローンは、
サラリーマンなどの利用も多いので、

 

「毎月払い」だけでなく「ボーナス払い※」
を借入金返済の一定割合まで認めています。

「毎月払い」「ボーナス払い」とは?A

ちなみに、
公的融資の場合には、借入金返済の40%まで認められていて、
50万円単位の返済となっていますが、

 

民間融資の場合には、借入金返済の50%まで認められていて、
10万円単位の返済が一般的となっています。

 

※正式には「ボーナス時増額返済」といいます。

ボーナス払いをあてにするのは危険ですか?

仮にボーナス払いを借入金返済の50%とすると、
ボーナス払いなしと比較して、毎月返済額は半分で済みますが、
ボーナス時の返済は当然その分増額します。

 

また、ボーナスというのは
企業の収益や景気に左右されるものであり、
不確定要素の強い性格のものですから、

 

総返済額ではほとんど変わらないからといっても、
やはりボーナスをあまりあてにすることなく、
毎月払いをベースに計画する方が無難といえます。

 

スポンサーリンク

段階金利と全期間同一固定金利だったらどちらが有利?

一般的に、
長期固定金利が利用できるフラット35を取り扱っている金融機関では
「前期間同一固定金利」のみとしているところが多いです。

 

しかしながら、中には
「段階金利(二段階固定金利)」と「全期間同一固定金利
」との選択性を採用しているところもあります。

 

フラット35でこの選択性を採用している場合は、
返済期間が長期なら「全期間同一固定金利」が有利になり、
短期なら「二段階固定金利」が有利になります。

 

スポンサーリンク