財形住宅融資の融資額・住宅の条件・返済期間は?

財形住宅融資の融資額とはどのようになっていますか?

財形住宅融資の融資限度額は、
財形貯蓄の残高で決ることになります。

 

具体的には、
財形貯蓄残高の10倍と購入価格の80%とを比較して
いずれか低い方の額になり、
最高で4,000万円までとなっています。

財形住宅融資の返済期間とはどのようになっていますか?

財形住宅融資の最長返済期間は、
住宅の構造によって10〜35年となっていて、
返済年数は1年刻みで選択することが可能です。

財形住宅融資の住宅の条件はどのようになっていますか?

住宅の構造によって次のようになっています。

 

<建売住宅と新築マンション>
■人が住んだことのない住宅

 

■申込日前2年以内に建てられたか、申込日後に完成予定の住宅

 

■建築基準法などに適合した住宅

 

■建売住宅の場合は、床面積(専有面積)が70u以上280u以下で
木造住宅は一戸建てか連続建ての住宅。

 

■新築マンションの場合は、専有面積が40u以上280u以下の住宅。

 

<中古住宅と中古マンション>
■「リ・ユース住宅適合証明書」などにより適合することが認められている住宅。

 

■中古住宅の場合は、住宅の床面積が40u以上
(リ・ユースプラス住宅は70u以上)280u以下の住宅。
また、敷地面積は100u以上の住宅。

 

■中古マンションの場合は、専有面積が40u以上
(リ・ユースプラスマンションは50u以上)280u以下の住宅。

 

スポンサーリンク