財形住宅融資の申込資格は?

財形住宅融資の申込資格としてどのようなものがありますか?@

次のような申込資格があります。
なお、家族に申込資格者がいれば
複数人で融資を受けることも可能です。

 

<対象者>
財形住宅貯蓄、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄のいずれかを
1年以上継続していて、残額が50万円以上ある人。

財形住宅融資の申込資格としてどのようなものがありますか?A

<収入基準>
必要月収※として、毎年の返済額の4倍以上の月収がある人。

 

ちなみに、フラット35と組み合わせるときは、
それぞれの必要月収を合計した月収が必要になります。

 

※月収はボーナスを含めた年収の12分の1です。

 

<居住状態>
申込本人が所有し、完済時まで居住すること。

 

<年齢>
申込時に70歳未満の人。

 

ただし、親子リレー返済を利用するのであれば、
70歳以上でも申し込みはできます。

 

<勤務先の負担軽減措置その他>
■勤務先から5年以上にわたり毎年利子補給、住宅手当、
低利融資などの負担軽減措置が受けられる人。

 

■所要資金の20%以上の頭金を用意できる人。

財形住宅融資の金利はどうなっているのですか?

財形住宅融資では、5年ごとに金利の見直しが行われます。

 

この場合、金利が上昇しても、
返済額の上げ幅は、1.5倍を超えない範囲で調整されます。

 

ただし、超える分については、
残っている返済期間内で調整され、

 

返済期間が終了した時点でローン残高があるときは、
原則として一括返済になりますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク