財形住宅融資の収入基準と金利は?

財形住宅融資の収入基準にはどのようなものがありますか?@

住宅金融支援機構を窓口にして融資を受ける人の収入基準は、
フラット35と同じで、
毎月返済額の4倍以上の月収が必要になります。

 

融資額の限度については、
財形貯蓄残高の10倍か購入価格の80%のうちの
いずれか少ない方の金額になります。

財形住宅融資の収入基準にはどのようなものがありますか?A

ちなみに、財形住宅融資は、返済期間中
ずっと固定金利のフラット35と併用することができ、
安心度を高めることができます。

 

この場合には、
建設・購入費の最大100%までの借入も可能です。

財形住宅融資の金利はどのようになっていますか?

財形住宅融資の金利は、
5年ごとに見直しが行われる5年固定金利型なので、
返済額は5年ごとに変わります。

 

金利水準は、
一般的な民間の固定金利型より有利になっていて、

 

返済額が見直される場合も、
返済額が急激に上がらないように、
旧返済額の1.5倍を超えないよう配慮がなされています。

 

しかしながら、
金利が上昇して
旧返済額の1.5倍以上になるような場合には、

 

超えた分の元金を加えて、
次回以降に繰延べて支払うことになりますので
注意が必要です。

 

スポンサーリンク