財形住宅貯蓄の特徴は?

財形住宅貯蓄に加入できるのはどのような人ですか?

財形住宅貯蓄に加入できるのは、
55歳未満のサラリーマンで、事業主に
「給与所得の扶養控除等申告書」
を提出している人です。

 

ただし、1人につき1契約となっていますので注意してください。

取扱金融機関はどこになるのですか?

取扱金融機関は、銀行、信託銀行、信用金庫、郵便局、
証券会社、生命保険会社、損害保険会社などです。

積立期間はどのくらいですか?

財形住宅貯蓄の積立期間は、
定期的に5年以上となっています。

 

スポンサーリンク

利息の非課税限度額はいくらまでですか?

元本550万円※までです。

 

ですから、その金額を超えると、
その超えた時点から発生する利息に対して
20%の税金が課税されることになります。

 

※保険型の場合は、払込保険料等の累計が
550万円までとなっています。

財形住宅貯蓄は利息が優遇されているとは?

財形住宅貯蓄では、
元本550万円※について利息が非課税になっています。

 

ただし、財形住宅貯蓄で積み立てた預貯金を
住宅取得やリフォームなどの頭金以外の目的で払出しをしてしまうと、

 

過去5年分の利息が課税対象になり、
20%の税金がかかりますので注意してください。

 

もし、転職した場合でも、
転職先に財形制度があれば継続することも可能です。

 

※保険型の場合は、払込保険料等の累計が
550万円までとなっています。

 

スポンサーリンク