財形住宅融資の活用のポイントは?

財形住宅融資にはどのようなポイントがありますか?

財形住宅融資については、
次のポイントをよく理解してから利用すると
よりよい資金計画が立てられます。

 

■適用される金利は、5年ごとに見直しが行われる「5年間固定金利制」です。

 

■融資額は、財形貯蓄残高の10倍、購入価格の80%、最高4,000万円までとなっています。

 

■ひとつの購入物件に対して同居予定の家族が複数人申込むことができます。

 

■融資手数料は不要です。

財形住宅融資を受けるためにはどうしたよいのですか?

次のすべての要件を満たしていれば、
財形住宅融資を受けることができます。

 

■財形住宅貯蓄、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄のうちの
いずれかを1年以上継続していること。

 

■上記の財形貯蓄の残高が50万円以上であること。
※それぞれの金額の合計額でかまいません。

 

■勤務先から5年以上にわたり、利子補給、住宅手当、
低利融資などの負担軽減措置を受けることができる。

 

■申込本人が所有し、居住すること。

 

■借入金の毎月返済額の4倍以上の月収(年収の12分の1)があること。

 

■申込日現在の年齢が満70歳未満であること

 

スポンサーリンク