財形住宅融資とは?

財形住宅融資の制度とはどのようなものですか?@

財形住宅融資というのは、
勤務先で財形貯蓄をしている社員を対象にした住宅ローンのことです。

 

社員は給料から天引きによる財形貯蓄を
1年以上継続し、貯蓄残高が50万円以上になったら利用することができます。

 

財形貯蓄は、住宅財形貯蓄だけでなく、
一般財形貯蓄や年金財形貯蓄でもOKです。

財形住宅融資の制度とはどのようなものですか?A

実際の融資までの流れは、
雇用・能力開発機構から事業主が資金を借りて、
事業主転貸として社員に住宅資金を貸し出します。

 

公務員でしたら、共済組合を通じて財形直貸が利用できます。

 

ちなみに、これらの融資が利用できなかったり、
または利用しにくいといった人は、
住宅金融支援機構を通じて、住宅金融支援機構財形が利用できます。

財形住宅融資の金利はどのようになっていますか?

財形住宅融資の金利は、
契約後5年ごとに金利を見直す5年固定金利なので、
その後は金利変動によって上昇する可能性があるものの、
フラット35よりも安い金利で利用できます。

 

金利の見直しについては不明な部分がありますが、
原則として、新たな返済額は
それまでの返済額の1.5倍を超えない額とする
という条件になっていますので、

 

こういったことも頭に入れておくとよいと思われます。

 

それと、フラット35は融資時点の金利が適用されますが、
財形住宅融資の場合は、
申込時点の金利が適用されますので注意してください。

 

スポンサーリンク