財形住宅融資の融資限度額は?

財形住宅融資の融資限度額はどのくらいですか?@

財形住宅融資の融資限度額は、
財形貯蓄残高の合計額の10倍、最高4,000万円までと、
他の公的融資と比較してもかなり大型の融資といえ、
利用する価値は大きいものとなっています。

 

具体的には、財形貯蓄が300万円あるのなら、
その10倍の3,000万円までの融資が可能ということです。

財形住宅融資の融資限度額はどのくらいですか?A

また、公庫融資は
1億円未満という物件価格の制限がありますが、
そういった制限もありません。

 

ただし、融資額については、物件価格の80%までとなっています。

 

なので、実際に4,000万円までの借入れをする人は少ないとは思いますが、
資金計画の際に、財形からの融資額を設定しておくと、
目標貯蓄額の見通しもつきやすくなります。

 

例えば、1,000万円の借入をしようと考えているのでしたら、
その10分の1の100万円の財形貯蓄をすればよいわけです。

財形住宅融資は、財形住宅貯蓄だけが利用できるのですか?

財形住宅融資は、
財形住宅貯蓄だけが利用できるわけではありません。

 

一般財形貯蓄や財形年金貯蓄についても
残高があれば利用することができます。

 

ただし、財形貯蓄を住宅の購入目的で解約する場合に、
利子課税が非課税になる優遇措置を受けられるのは、
財形住宅貯蓄だけということになっています。

 

スポンサーリンク