財形貯蓄のしくみとは?

財形貯蓄とはどのような制度ですか?@

財形貯蓄というのは、
財形住宅融資の利用条件にもなっていて、
住宅ローンとは密接な関係にある制度です。

 

勤労者の財産形成を目的としているため、
サラリーマンしか利用できないのですが、

 

利子が非課税になったり、
給料天引きで貯めやすかったりと様々なメリットがあります。

財形貯蓄とはどのような制度ですか?A

ただし、勤務先がこの制度を取り入れていない場合には
財形貯蓄はできませんので、

 

一度企業の総務や人事などの担当部署に
問い合わせてみてください。

財形貯蓄にはどのようなものがあるのですか?

財形貯蓄は次のような3種類があり、
それぞれ利用方法が異なります。

 

<財形住宅貯蓄>
住宅資金に充てるのであれば、
550万円までの貯蓄の利子が非課税になります。

 

<一般財形貯蓄>
貯蓄を取り崩すときに特に条件などがない代わりに、
利子課税が非課税になる特典はありません。

 

<財形年金貯蓄>
60歳以降に年金として受け取るための貯蓄です。

 

これには生保型商品もあります。

 

このタイプは住宅資金のために途中で解約してしまうと、
利子課税が非課税になる特典が受けられなくなリます。

 

スポンサーリンク

財形貯蓄のメリットにはどのようなものがありますか?

一般の金融商品の場合は、
利子に20%の分離課税が課せられるのですが、
財形住宅貯蓄の場合は非課税になりますのでそれだけ有利になります。

 

また、毎月の天引きだけでなく、
ボーナスからも増額した金額を天引きすることが可能なので、
貯蓄計画も立てやすくなります。

 

特に、将来マイホームを購入する計画があるけれど、
現在は自己資金が不足している人には
財形住宅貯蓄はおすすめです。

 

スポンサーリンク