財形貯蓄の残高確認方法は?

財形貯蓄の残高確認方法について@

財形住宅融資を利用するには、
その条件として財形貯蓄を1年以上続けていることと、
その合計残高が50万円以上であることが必要です。

 

これを証明するために、
申込時に残高通知書を提出することになるのですが、

 

通常この通知書は、
財形貯蓄をしている金融機関からの残高通知書で行います。

財形貯蓄の残高確認方法についてA

ただし、この残高通知書は
有効期間が発行後6か月となっていますので
期限には注意してください。

 

貯蓄している残高によって融資可能額も変わってきますので、
できれば最新の残高通知書をとっておくとようにしたいです。

 

ちなみに、残高通知書がない場合は、
財形貯蓄残高計算依頼書で確認することができます。

融資が決定されたら、財形貯蓄は払い出してもよいのでしょうか?

融資の承認が下りた後は、
財形貯蓄は住宅の取得資金に使ってよいことになっていますので、
払い出しができます。

 

ただし、融資が決定される前に払い出しをしてしまうと、
融資の承認が下りなかったり、
融資額が減額されてしまったりすることもありますので、
資金計画には気をつけてください。

 

ちなみに、財形住宅貯蓄は利息に対して
税金が優遇されていますが、

 

これは、住宅の取得に使用されることが証明できる
工事請負契約書などの書類がないと、
非課税にはなりませんので注意してください。

マイホームの取得前と取得後に必要な書類はどのようなものがあるの?

マイホーム取得前の払出し時に必要な書類としては、
金融機関に提出する工事請負契約書の写しや
売買契約書の写しがあります。

 

また、マイホーム取得後の払出し時に必要な書類としては、
マイホーム取得後1年以内に提示する住民票、
工事請負契約書の写し、売買契約書の写し、
登記事項証明書などがあります。

 

スポンサーリンク