マイホームを新築する際の財形住宅融資の必要書類は?

マイホームを新築する際の財形住宅融資の必要書類について@

マイホームを新築する際に財形住宅融資を利用する場合には、
様々な書類が必要になります。

 

具体的には、収入を証明するための納税証明書や
源泉徴収票、登記簿謄本や公図、建築請負契約書などです。

マイホームを新築する際の財形住宅融資の必要書類についてA

また、土地が借地であったり親族の名義になっている場合には、
担保提供する旨を記載した念書も提出する必要があります。

 

さらに、建築確認申請を作成している場合には
申請書の写しが必要になりますし、

 

建設敷地が定期借地権の場合には、
定期借地権契約書の写しや借地に関する約定書、
地上権設定契約書、印鑑証明書なども必要になります。

 

それと同時に、土地についても融資を受ける場合には、
土地の売買契約書の写しも必要です。

 

マイホームを新築する際の必要書類というのは、
公庫財形や財住金など取扱窓口によっても異なりますので
事前に確認するようにしてください。

公庫財形や財住金に特有の書類にはどのようなものがあるのですか?

公庫財形や財住金に共通して必要な書類以外の
特有な書類としては次のようなものがあります。

 

<公庫財形>
■工事請負契約書の写し
※未作成の場合は、
見積書を提出して後日契約書を郵送しても差し支えありません。

 

■敷地についての土地の登記簿謄本
※申込日の2か月以内に発行された全部事項証明書です。

 

<財住金>
■工事請負契約書の写し
■私道や共有地も含めた土地登記簿謄本
■敷地の公図の写し
■建築物の設計図、案内・平面図の写し
■住宅構造についての確認書

 

スポンサーリンク