財形住宅融資の必須書類は?

財形住宅融資を受ける際に必須となる書類とは?@

財形住宅融資を受ける際に必要になる書類というのは、

 

新築住宅の購入や中古住宅の購入、
その他のケースに応じて必要な書類と、
すべての申込者に共通の書類があります。

財形住宅融資を受ける際に必須となる書類とは?A

また、共通の必須書類としては、大まかには収入を証明するもの、
謄本、財形貯蓄の残高証明などがあり、
より具体的には次のようなものになります。

 

<財形住宅金融株式会社を利用する際の必須書類>
■給与証明書
※これは勤務先で証明してもらいます。

 

■財形貯蓄残高証明書

 

■勤労者財形形成持家融資申込書

 

■出向していて出向先から給与を支給されている場合には、
社員資格証明書

 

■公庫融資やフラット35を利用しない場合には、
特約火災保険申込書
※実際に利用するときには、火災保険見積書のコピーが必要になります。

 

<公庫財形を利用する際の必須書類>
■申込本人の収入、納税証明書
※住民税課税証明書など2年分が必要になります。

 

■運転免許証など本人確認書類の写し

 

■財形貯蓄残高計算依頼書

 

■財形住宅資金借入申込書

 

■個人情報の取り扱いに関する同意書

 

■財形融資の融資金利に関する確認書

 

■負担軽減措置等の証明書
※勤務先から金利軽減が受けられる証明書です。

 

■融資承認通知書を送付するための返信用封筒

 

ちなみに、収入合算をする場合には、
合算者の念書、給与証明書、住民税課税証明書、
印鑑証明書などが必要になるなど、
ケースによっても異なりますので事前の確認が大切です。

 

スポンサーリンク